○○ちゃんのおばあちゃんと呼ばれた時

上の女の子の孫を

幼稚園ヘ迎えに行った時での出来事です

 

園庭で私を見つけた孫と同じ組の子が

「あ~ ○○ちゃんのおばあちゃんだー」

「○○ちゃーん、おばあちゃんが迎えに来たよー」

と大きな声で言ったのです

 

前々より

「○○ちゃんのお母さん」

「○○君のお母さん」

はあるし

 

愛犬と散歩していると

「カンタくん(愛犬の名前)のお母さん」

 

今は

娘の所のワンちゃんと散歩していると

「杏ちゃん(ワンちゃんの名前)のおばあちゃん」

となる

 

 

しかしながら

幼稚園や小学校、中学校の先生などから

○○ちゃんのおばあちゃん ○○さんのおばあちゃん

と連呼されることには少なからず違和感を覚えた

 

二人目の孫の時には

還暦になっていたので慣れてきました

 

この歳になると

おばあちゃんと呼ばれても違和感はなくなっているし

何かしらおばあちゃんという響きに

柔らかいものを感じる

 

50代の時に感じたものは

自分なりの自尊心ゆえのことです

 

まだおばあちゃんではないぞという

若気の至りか?